進路状況



第43号
教育現場の根幹を担う
キャリア支援センター長  山 田 淳 夫
会長あいさつ
母校だより
進路状況
施設紹介
活躍する本学の学生
平成29年度愛知教育大学同窓会総会・懇親会
平成29年度 愛知教育大学同窓会総会での会員の発言
愛知教育大学同窓会会則・寄附金等受入規約
個人情報保護方針
役員・支部長
事業報告
事業計画
決算
予算
実施事業の概要報告
地区・支部だより
会員の声
 本年4月よりキャリア支援センター長となりました山田と申します。同窓会の皆様には、日頃より格別のご支援を賜り、心から感謝申し上げます。
 さて、県内各市町村教育委員会を訪問し、本学卒業生の学校現場での様子や自治体職員としての様子を伺うにつけ、愛教大生の質の高さ、対応力の高さを改めて実感いたしております。
 ところで、団塊の世代の大量退職に伴い、現場には若い世代が年々増加し、ある意味活気があふれています。しかし、学校現場での仕事は、学級経営も保護者対応もマニュアル通りにいくものはほとんどありません。
 こうした状況をうけ、県内自治体の大半を占める本学同窓生の教育長からは、愛教大生ができるだけ多く教員として就職することを望む声が強く聞かれます。
 そこには、かつて県内教員数の過半数を占めていた本学同窓生の数の論理ではなく、真に現場教員を組織し、リーダーとしてチーム学校を牽引できる、応用力に優れた愛教大生を望む声があるものと考えます。
 教員就職に関しましては、同窓会のご支援の下、県内各地区から学校現場での校長経験はもとより行政経験等の指導経験を有する教員就職特任指導員の先生方の熱心なご指導により一定の成果を上げてきております。
 今後は、こうした教員就職特任指導員の先生方のお力添えをいただきつつも、本学教員や学生に愛知の教育の根幹を支える自覚を促し、未来を担う人材育成に向け、さらなる努力をしていく所存です。今後ともご支援ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


表1 教員養成課程卒業生の進路状況(単位:人)
教員 460(156) 67.6%
内訳 幼稚園・保育所 17(2)
小学校 267(66)
中学校 93(43)
高等学校 62(35)
特別支援学校 19(9)
その他(日本人学校等) 2(1)
企業 73 10.7%
官公庁 82 12.0%
進学 44 6.5%
その他(※2) 22 3.2%
681 100.0%

※1 教員欄( )内は、内数で臨時教員数を示す。
※2 その他欄は、海外留学、研究生、アルバイト等。




表2 現代学芸課程卒業生の進路状況
企業 119 47.7%
教員 42 16.9%
官公庁 42 16.9%
進学 33 13.3%
その他(※2) 13 5.2%
249 100.0%

※2 その他欄は、海外留学、研究生、アルバイト等。

〈主な企業・官公庁就職先〉
DMG森精機、SCSK、愛知機械工業、メニコン、日本ガイシ、愛知中部水道企業団、中部電力、NTTデータ東海、東京書籍、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、名古屋銀行、中京銀行、ゆうちょ銀行、豊田信用金庫、碧南信用金庫、岡崎信用金庫、JA愛知信連、JAあいち中央、JAあいち豊田、JA共済連愛知、損害保険ジャパン日本興亜、第一生命保険、ジェイアール東海エージェンシー、JTB東海、エイチ・アイ・エス、医療法人豊田会刈谷豊田総合病院、経済産業省、愛知県庁、名古屋市役所、豊田市役所、刈谷市役所、豊明市役所、稲沢市役所、岡崎市役所、愛知県警