平成27・28年度実施事業の概要報告

61年次卒業30周年記念同窓会

名古屋市立新栄小学校  佐 藤 和 夫
(地学教室 昭和61年卒業)
 平成28年9月3日(土)、ANAクラウンプラザホテルグランコート オーキッドガーデン(名古屋市中区)にて、「愛知教育大学61年次 卒業30周年記念同窓会」を開催しました。
 ご来賓として、愛知教育大学同窓会会長 竹原 裕様、愛知教育大学同窓会名誉会長(学長)代理 理事 白井正康様、愛知県教育委員会委員 岩月慎自様、名古屋市教育委員会委員 野田敦敬様、愛知教育大学同窓会尾張地区会会長 伊藤昭三様、愛知教育大学同窓会三河地区会会長 青木宏氏様、愛知教育大学同窓会名古屋地区会会長 浅井富士雄様、愛知教育大学同窓会副会長(愛知県小中学校長会長)加藤千博様、参議院議員 齋藤嘉隆様、愛知県議会議員 谷口ともみ様の10名をお迎えし、お祝いと励ましのお言葉をいただきました。
 尾張・三河・名古屋の各地区から、現職の教育関係者だけでなく、教職以外の職業に従事している仲間も駆け付け、総勢180名で盛大に懇親会を行うことができました。
 昭和61年3月に我々は愛知教育大学を卒業しました。30年たった今年、ブラジル国内、南アメリカ大陸で初めてオリンピックが開催されました。日本選手の活躍もめざましく、「○○年ぶり」「史上初」のメダルをたくさん獲得し感動を与えてくれました。このメダル獲得には、日の丸テクノロジーが長年にわたって継承してきた成果とも言われています。私たちも一人の大人として先輩方の成果を受け継ぎ、発展させ「不可能を可能にする」夢のバトンを明日につなげられるように、これからも切磋琢磨していくために全エネルギーを費やしていかなくてはいけないと実感しました。この同窓会というつながりが、私たち一人一人を確実に結び、あらたなエネルギーを創り出すということもあらためて実感できました。今後も61年次の同窓会の結束を強め、より強固なものにしていくことを誓い合いました。
 最後になりましたが、このような有意義な会を開催することができましたのは、ご来賓の皆様をはじめ、先輩方のご指導のお陰と、あらためて深く感謝申し上げます。

平成8年次卒業20周年記念同窓会

名古屋市立はとり中学校 岩 田 正 樹
(数学教室 平成8年卒業)
平成8年次卒業20周年記念同窓会 平成27年11月29日(日)、愛知教育大学8年次20周年記念同窓会が金山のサイプレスガーデンホテルで行われました。当日は愛知教育大学同窓会会長の竹原 裕様はじめ8名の来賓の方々にお越しいただき、総勢80名の出席で盛大に会を行うことができました。
 まず、発起人代表の小笠原真(数学科)から「20年前になりたいと思っていた教師像、そして、現在理想としていた教師になっているかを振り返る機会があった。職場では中核を担う40代になり、その責任を自覚しながら、教育のために尽力しよう。」と挨拶を申し上げました。続いて、同窓会会長の竹原 裕様より、愛知教育大学の現在の状況や課題についてお知らせいただきました。また、「同窓会は、心の故郷としての役割があるのではないかと思う。今後も愛知の教育の中核的存在として、迷うことなく務めを果たしていただきたい」とお言葉をいただきました。
 同窓会副会長の加藤千博様のご発声により、参加者一同で乾杯を行い、懐かしい仲間との懇親が始まりました。久しぶりの仲間との再会に声を揚げて喜ぶ方々や、他のテーブルに移動して会話を弾ませる方々の姿が見られ、終始、温かい雰囲気で会は進みました。容姿の変化についてはもちろんのこと、最近のことや仕事のこと、家庭のこと、他の仲間の動向など、話題は尽きませんでした。
 会の開催にあたり、ご臨席いただき励ましてくださった来賓の皆様、運営を支えていただいた同窓会本部、ご指導をいただいた先輩年次の皆様には、深く感謝を申し上げます。そして、準備・運営等で携わっていただいた8年次卒業生の仲間にも改めて感謝いたします。

平成27年度卒業祝賀会・平成28年度入学祝賀会

愛知教育大学 国語教育講座 衣 川 彰 人
 

平成28年3月23日(水)、朝から好天に恵まれた暖かな日に、愛知教育大学同窓会主催の卒業祝賀パーティーが第二生協UPにて、盛大に開催された。正午過ぎになるとパーティー会場は、スーツをビシッときめた男子学生や色とりどりの羽織袴を身にまとった女子学生で埋め尽くされることになった。また、会場前では、一面に咲く菜の花をバックに、教職員や友人と記念撮影する卒業生も見られ、さらには、祝福に訪れた在校生も交えて、思い出話や、四月から始まる新生活について語り合いながら、最後の学生生活を楽しんでいるようであった。そのような中、ますます祝賀パーティーは盛り上がりを増すばかりであったが、午後2時すぎにはお開きの時間を迎えることになり、卒業生は、別れを惜しみながらも、それぞれの道で大いに活躍することを誓い合って愛知教育大学から巣立っていった。

 同じく同窓会の主催する入学祝賀パーティーが、平成28年4月4日(月)、大学会館にて開催された。午後に実施されるガイダンスまでの短い時間の中で、新入生が一堂に会することもあり、一時は、会場に入りきれない新入生の行列もできるほどであった。そのため、選修・専攻ごとに分けて、何回かの入れ替えを行いながら開催したが、それでも、会場内は新入生で一杯となり、身動きができないほどの盛況ぶりであった。この日は、朝から、生憎の雨模様となり、学内には傘の花が咲いていた。しかし、祝賀会の開催とともに天気も次第に回復し、青空のもとで、雨に濡れた満開の桜が一層美しく、そして、清々しく新入学生たちを祝福しているようであった。熱気満々の会場の内では、やや緊張気味な表情を浮かべながらも、はじめて出会う友人と食事をしながら、携帯電話の番号やメールアドレスの交換をする楽しそうな新入生の姿が見られた。また、記念写真を撮るなど、これから始まる大学生活をともにする友人と交流を深めながら、大きく夢を膨らませているようであった。お昼のわずかな時間ではあったが、新しき門出を祝う会として喜んでもらえたようである。


教育交流館付近リニューアル


教育交流館全景


AUEスクウェアから教育交流館を望む


厩舎建替について

 本学には、大学が建築した厩舎(昭和46年築)とOBが建てた厩舎(建築年不明)がありましたが、どちらも老朽化が激しく耐震性も脆弱な状態にありました。
 そこで、OB会の寄附金、大学及び後援会経費により厩舎建て替え工事を行い、平成28年2月末に完成しました。3月には学長ほか関係者を招待してお披露目会が行われました。


旧厩舎


新厩舎